ハウスインスペクション(住宅診断)

ハウスインスペクション(住宅診断)

ハウスインスペクション(住宅診断)

ハウスインスペクターは建物現況検査を通して皆様に住まいの安心をご提供いたします。

  • 長期優良住宅化リフォーム補助金申請のための現況検査として
  • 新築と比べて性能差の大きい中古住宅の客観的評価のめやすとして
  • 良質な中古住宅購入の判断材料として
  • 既存住宅かし保証保険の事前検査として
  • ご自宅のリフォーム工事時における適正な工事内容のアドバイザーとして
ハウスインスペクターをご活用下さい。

ハウスインスペクターとは

ハウスインスペクターとは

国土交通省の定める既存住宅インスペクションガイドラインに基づく研修を受け、修了試験に合格したもので、住宅をはじめとする全ての建築物について不動産売買時における対象建物の性能評価を行う者です。

ハウスインスペクターになる資格を有するものは建築に対する専門資格者である、建築士もしくは建築施工管理技士であり、専門家としての立場から客観的に建物の現況検査を行い不動産物件の建物としての機能を評価(既存建築物流通性能評価)します。

ハウスインスペクターが発行するハウスインスペクション報告書は国土交通省ガイドラインに準拠しており、長期優良住宅化リフォーム推進事業における現況検査報告書として対象建物の申請書にご活用いただけます。

またハウスインスペクターは、建物の現況診断にとどまらず不動産の所有者変更を経たあとのリフォーム提案までを一括して行い、新たな建物所有者が建物を安心して任せられるパートナーとしてお付き合いいただける建築物のエキスパートです。

ハウスインスペクションとは

ハウスインスペクションとは

不動産の売買、長期優良住宅化リフォーム、建物について長期の維持保全計画の作成などにあたり、現在建物の有する建物の機能がどの程度保たれているのかを項目ごとに現況検査を行うことをいいます。

おもな現況検査項目は、基礎、外壁、屋根、内装、床、土台、設備などで、項目ごとにさらに細かく点検を行います。また依頼者へのヒアリング調査も行い、今までのリフォームの経歴や現在の設備のメンテナンス状況などの聞き取り結果も報告書に反映します。

検査終了後はこれらの検査結果を報告書にまとめ、依頼者に報告書の提出を行い検査結果を説明いたします。

ハウスインスペクションのメリット

ハウスインスペクションとは住宅等の建物が現在どのような状態にあるのかを客観的に把握するための現況検査のことをいいます。

検査項目は国土交通省のガイドラインに準拠しており、以下の項目にわたり主に目視(オプション検査を除く)によった検査が行われます。

外部検査項目

屋根 屋根葺き材の破損や著しい劣化に関する検査
軒裏 雨漏り痕や著しい劣化に関する検査
バルコニー 防水層の亀裂や剥がれなどに関する検査
外壁 外壁の亀裂、剥落、シーリングの破断などに関する検査
基礎(外周部) 基礎の亀裂、沈下などに関する検査

内部検査項目

小屋組 小屋組の構造上問題となるひび割れや欠損などに関する検査
梁の構造上問題となるひび割れや欠損などに関する検査
天井 天井の下地に達するひび割れ、浮き、はらみに関する検査
内壁・柱 柱・壁の傾斜に関する検査。下地材にいたるひび割れなどに関する検査
床の傾斜に関する検査。構造上問題となる仕上げ床材の劣化
土台・床組 床組み部材、仕口、構造金物などの構造上問題となる劣化に関する検査
基礎(内部) 基礎の亀裂、沈下などに関する検査
配管設備 赤水、排水の滞留などに関する検査

オプション検査項目

床下侵入検査 床下における構造上問題となる著しい劣化に関する詳細検査
地盤調査 スウェーデン式サウンディング試験などによる地盤調査
非破壊検査による鉄筋調査 電磁誘導法などによる鉄筋探査
非破壊検査によるコンクリート強度試験 リバウンドハンマー法などによるコンクリート強度試験
設備機器の運転動作試験 設備機器などの運転・作動検査
その他 その他住宅に関する構造上や仕上に関する検査

一般のお客様へ

  • 不動産業者による売却査定の前に構造上重要な修理箇所や住宅の性能等を客観的に把握することができるため、必要に応じた対応を事前に行うことができます。
  • 住宅の性能を維持するために必要な工事金額の概算を知ることができます。
  • リフォーム前にリフォームの重点箇所を知ることができます。
  • 中古住宅の購入前に第三者の立場で公正に住宅における構造上の安全性や性能を知ることができます。
  • 既存住宅かし保証保険の加入の適合、不適合を物件の購入前に知ることができます。また保険の加入により不動産購入後の住宅瑕疵による不安を大きく軽減することができます。
  • 住宅ローン減税等の書類について発行手続を行うことができます。(※調査内容により発行できる書類は異なります。また調査結果により発行ができない場合もあります。)
  • 長期優良住宅化リフォームの補助金を検討される場合に、基本調査事項の報告書として活用できます。
  • ご自宅のメンテナンスの時期や概算費用の目安について客観的に把握することができます。

不動産業者様へ

  • 国土交通省の既存住宅インスペクションガイドラインに基づく調査項目で、購入を検討されているお客様に公正な判断材料としてご活用いただけます。
  • 重要事項説明書の記載内容について調査が行われているため(一部を除く)書類作成にかかる負担を低減できます。
  • インスペクション済み物件として物件価値の向上につながります。
  • 既存住宅かし保証保険の加入の適合、不適合を判断することができ、保険加入により物件価値を高めることができます。
  • 長期優良住宅化リフォーム物件として補助金等の活用をご検討いただけます。
お問い合せ・資料請求はこちら
  • 当社へのアクセス
  • 当社からのお知らせ

建築に関するお問合せや資料請求などお気軽にお問合せ下さい。

住宅の建設はもちろんのこと、工場の新築・改修、店舗の改装などお気軽にお問合せ下さい。

ハウスインスペクション
山茂ハウジングの家づくりについて
各種お問い合せは、TEL.0494-23-0445|メールでのお問い合せはこちらから

PAGE TOP